スピーディーで空気の入りにくいデッキテープの貼り方


STEP1
テープを少しずつ剥がしながら貼るのが普通な貼り方ですが、ここは一発、一気に剥がしちゃいましょう。


STEP2
写真のようにデッキの端と端を仮留めしちゃいます。真中はすこーしだけたるませて、ちょこっと貼れている状態にします。ノーズとテールのところに写真くらいの隙間を作るのがポイント。
貼る前には、デッキの表面についているニスや油をデッキテープの端っこでこすって剥がし、湿った布でよく拭いておくと剥がれにくくなります。


STEP3
端と端を仮止めしたまま、真ん中から片方に向かって抑えつつ貼っていきます。


STEP4
端っこまでくると、パッツンパッツンになって貼れなくなるので、仮留めした端っこを剥がして引っ張りながらまた貼っていきます。


STEP5
片側が貼れたら、逆側もおんなじ要領で貼ります。


STEP6
ヤスリやドライバー等、金属の物で端っこをこすり、ぐるりと一周させてデッキの形を浮かびあがらせます。ノーズとテールの曲面はあらかじめ切れ目を入れておくと、この作業がし易くなります。


STEP7
いよいよ切っていきます。刃はデッキテープの裏側、糊のついているほうから当てて切っていくと簡単に切れて、刃の消耗も少なくなります。刃をすーっと引きながら一定の速さで切るのがコツ。慎重に、繊細に、かつ大胆にいきましょう。
写真ではカッターの刃のみで切っていますが、危険なのでちゃんとしたカッターを使うのをおすすめします。


STEP8
ボルトの入る穴を開けます。とがったもので裏から開けてください。


STEP9
穴を開けたら、周りのテープを少しだけ切り取ってやると、ボルトを締めたときよじれなくてGood。カッターを使うときは手を切らないように気をつけてください!


STEP10
一丁あがり!うまく切れず、ガタガタになってしまった箇所は、余ったテープでこすると美しい仕上がりになります。
不本意にも入ってしまった空気は、カッターの刃で穴を開けて抜いてください。
お疲れ様でした~

関連記事一覧

PAGE TOP