STOKE x TARO HIRANO LACC DECK

写真集『Los Angeles Car Club』をグラフィックに使用した、平野太呂とのコラボモデルをリリースしました。

8.6in ナチュラル 100本限定プールシェイプ、ウィールウェル入り
8.0in ブルー ストリートシェイプ、ウィールウェル入り

7.5in イエロー ユース、キッズモデル

平野太呂(ひらのたろ)/写真家
1973年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒。2000年よりフリーランスとして活動を開始。スケートボードカルチャーを基盤にしながらも、カルチャー誌やファッション誌や広告などで活動中。主な著書に『POOL』(リトルモア)『ばらばら』(星野源と共著/リトルモア)『東京の仕事場』(マガジンハウス)『ボクと先輩』(晶文社)『Los Angeles Car Club』(私家版)『The Kings』(ELVIS PRESS)がある。東京都渋谷区上原にて2004年からNO.12 GALLERYを主宰している。


■■■ 最高品質のデッキです■■■
今回も米国で最も成功しているデッキカンパニーデッキカンパニー、 ”プロフェッサー(教授)”の異名を持つポール・シュミット氏が設立した会社に製造を委託しました。
最高品質のメキシコ製プレスとなります。
スケート歴の長いスケーターなら、シュミットスティックスとしてご存じではないでしょうか。

8インチのモデルにはストリート用のとしては珍しく、底面にはバイトを防ぐためのウィールウェルが彫られています。
これによりルースなセッティングでもバイトによるトリックミスが減少し、加えてデッキ自体も軽量化しています。


■■■ 徹底した品質管理 ■■■
製造されたデッキはロットごとに製造番号が刻印されています。これにより全工程を管理し、安定した高品質なデッキが生み出されます。
なお、万が一、購入後10日以内にフラットトリックで折れた場合は新品と交換させていただきます。安心してお試しください。


■■■ 入念に、デザインしています ■■■
(写真7枚目)
”プロフェッサー(教授)”の異名を持つポール・シュミット氏。
写真はラボにお邪魔して、シェイプの最終打ち合わせを行った時のひとコマです。
広大な自宅の一角にあるラボ(研究室)でデッキデザインを研究しています。
彼のもとにはダニー・ウェイから始まり、ナイジャやPJといった錚々たるスケーターが集まり、デッキデザインを進化させています。
モールド(金型)は最新のスタイル、ボトムの中心部を僅かにへこませて反応を早くしているタイプのものです。ボードスライドの時にたわみが生じにくくなるので、スライド性能と強度も向上します。
おそらくここまで入念にデザインされたデッキは少ないのではないでしょうか。

この商品はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP